JINSOKU.biz

2014.11.6
Linkit
Linkitに 業務システムとの連携機能を拡張 -サイボウズの「kintone®」と連携-

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下ACCESS)は、同社のビジネスメッセージサービス「Linkit®(リンクィット)」に、業務システムと連携できる拡張パッケージを追加いたしました。

12月上旬より、ACCESSは本拡張パッケージを、サイボウズ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:青野 慶久、以下、サイボウズ)のビジネスアプリ作成プラットフォーム「kintone®(キントーン)」との連携機能として、主に小売や物流業界などの企業やシステムインテグレーター(SIer)を対象に、提供開始する予定です。


「Linkit」は、「安全」「便利」「快適」に使えるクラウド型ビジネスメッセージサービスです。金融機関で用いるセキュリティレベルで、スマートフォンやタブレット、PCを用いて、チャット形式の迅速なコミュニケーションを実現します。オフィスでも外出先でも、クラウドから社内データと同期して、書類や写真、動画、音声を安全に共有することが出来るため、業務効率を向上し、ビジネスの意思決定を加速します。


この度、本ビジネスメッセージサービスに、顧客リストや売上管理などExcelファイルの資料を扱うデータベース型アプリを容易に作成することが出来るクラウドサービス「kintone」を連携させました。これにより、「kintone」に管理される在庫データ、売上データ、顧客データなどが、「Linkit」のチャット形式の操作で、容易に参照・書き込みができるようになりました。

kintone連携

linkit x kintone

 サイボウズ 代表取締役社長 青野 慶久氏は、  「『kintone』のコンセプトは『チームの業務で使えるFASTシステム』であり、セキュリティと操作性を兼ね備えたビジネス向けチャットサービスとkintoneとの連携は、まさにこのコンセプトに合致しています。特に『Linkit』の技術はキャリアにも採用されており、その高い信頼性は実証済みです。この度の連携で、当社企業顧客へ新たな付加価値を提供することが可能となりました」と述べています。


 ACCESS 取締役 兼 最高技術責任者(CTO) 石黒 邦宏は、  「スマートフォンや、タブレットを社内の業務に活用する動きが、急速に拡大しつつあります。然しながら、多くの企業が、いかにセキュリティを確保しつつ、迅速に低コストで導入するかといった課題に直面しています。こうした市場ニーズに応えるのが、この度の『Linkit』に『kintone』を組み合わせたソリューションです。今後とも、お客様の利便性を追求して、『Linkit』に様々な機能強化をし、進化させてまいります」と述べています。


「kintone」について 


「kintone」は、用途にあわせてWebデータベース型の業務アプリを構築できるサービスです。営業の案件管理、お客様からの問い合せ履歴やクレーム対応の管理、プロジェクトの進捗やタスク管理、従業員の業務日報などをWebアプリケーション化により効率化します。アプリケーションはノンプログラミングで誰でも簡単に構築できます。


https://kintone.cybozu.com/

まずは無料版を体験!