JINSOKU.biz

2015.02.20
Linkit
世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」にLinkitが採用
いつもJINSOKU.bizをご利用いただきありがとうございます。
JINSOKU.bizの運営チームです。
Linkitに関する採用事例についてご紹介致します。

-人とロボットのコミュニケーションをチャット技術で実現-


株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下ACCESS)は、同社のチャット技術を用いたクラウド型メッセージサービス「Linkit®(リンクィット)」が、ソフトバンクロボティクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:冨澤 文秀、以下、ソフトバンクロボティクス)とALDEBARAN Robotics SAS(本社:フランス・パリ、CEO:ブルーノ・メゾニエ)が共同開発する世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」本体の基本機能の一つである、メッセージサービス「ペパメ」機能のプラットフォームとして、採用されたことを発表いたします。「Linkit」の技術が搭載されたPepperは、来る2月27日より、開発者向けに販売開始される予定です。

「ペパメ」は、「Pepper」とスマートフォン/タブレットを介して、ロボットと人とのチャット形式でのコミュニケーションを実現する画期的なサービスです。テキスト・スタンプ・写真といった従来のチャットサービスに加えて、「Pepper」の感情認識機能やジェスチャー機能などとを組み合わせて、人とロボットの多彩なコミュニケーションを楽しむことができます。例えば、「ペパメ」で、外出先から在宅中の家族へメッセージを送信すると、周囲にいる家族の感情を「Pepper」が認識して喜怒哀楽を表す絵で返信し、家族のリアクションを知らせてくれます。また、予め登録された「ペパメスタンプ」を選んで送信すると、「Pepper」がそれに応じた動作をしますので、「Pepper」の近くにいる家族へテキストだけでなく、動作でも気持ちを伝える事ができます。

「ペパメ」のプラットフォームとなった「Linkit」は、ACCESSが開発する、高品質・安心・便利なクラウド型のチャットサービスです。グループ毎の登録制限やグループが一目でわかる表示、写真やファイルの共有などの便利な機能を標準実装し、既存システムとの結合やカスタマイズを容易に可能にすることで、高セキュリティかつ高品質のチャットサービスを迅速に実現します。この度の採用では、「Linkit」の機能に加えて、ACCESSの組み込み向けソフトウェアにおける開発力が評価され、「Pepper」の本体機能の開発パートナーとして選定されました。ACCESSは、ソフトバンクロボティクスの協力の下、「Linkit」を「Pepper」の多彩な基幹システムと連動するようカスタマイズし、実装いたしました。販売後も、ACCESSは、「ペパメ」機能のアップデートやサポート等により、「Pepper」の普及を支援してまいります。


■「ペパメ」を利用したチャットコミュニケーションのコンセプト図
 

pepper_linkit_image2_2


■「ペパメ」のコミュニケーション例

pepame_NEW_


「Pepper」に関する詳細はソフトバンクロボティクスの公開情報をご覧ください。

 
Linkitについて
「Linkit」は、管理者による登録制限、所属組織図の表示、資料ファイルの添付共有など、企業の業務に求められる機能と高いセキュリティ機能を備え、ビジネスで安心して利用頂けるサービスです。直観的な操作が可能なUIにより迅速なコミュニケーションを実現します。
「Linkit」の各アプリケーションサービスは、ACCESS自社開発のBaaS(Backend as a Service)およびSaaS(Software as a Service)の上に構築されており、チャット機能とさまざまな外部業務システムとを容易に組み合わせられるように設計されています。例えば小売業界での用途に合わせて、Linkitと在庫管理システムを連携させ、Linkit上のチャットで在庫状況がリアルタイムに確認できる在庫管理システムを構築することも短期間で可能です。業務ニーズに合わせた追加機能の個別のカスタムメイドにも対応しています。

Pepper_サービス概要図版



プレスリリースに関しては、ACCESSホームページをご参照ください。
今後共JINSOKU.bizをよろしくお願い致します。

まずは無料版を体験!